Micro News Online

New Releases for all businesses

DAYTWOは、慢性的な健康状態に対応するためミクロバイオーム研究プラットフォームの規模を拡大する資金調達の上でシリーズBにおいて3100万ドルを確保しています

DayTwo、実用的な製品を市場に販売する唯一のMicrobiome の会社であり、慢性疾患に対する支援を続けるために資金を活用しています

f:id:microjob:20190704071728j:plain

DayTwo App

イスラエル、テルアビブ&カリフォルニア州サンフランシスコ -  2019年6月26日 -  2型糖尿病患者に血糖コントロールソリューションを提供するマイクロバイオームによる人間発見プラットフォームのDayTwoは、シリーズBにおいて3100万ドルの資金調達を発表しました。

 DayTwoは、同社の支払者、提供者、および使用者と提携する米国での市場投入イニシアチブを促進し新世代の新陳代謝および胃腸疾患向けの製品およびサービスを開発し続けるためにその資金を使用します。

今回、破壊的なICT技術に焦点を当てた新しいベンチャーファンドであるOfek Venturesと共に大手ライフサイエンスベンチャーファンドであるaMoonが協賛しました。

既存の投資家であるSeventure PartnersセベンチュアーパートナーとJohnson&Johnsonジョンソン&ジョンソンは引き続き今回も参加しました。前回の資金調達では最近JAMAで発表された同社の検証試験に対するMayoクリニックからの寄付が含まれています。

この資金はDayTwoの総資金を4億8000万ドルにします。

 

f:id:microjob:20190704071806j:plain

DayTwo Company

「DayTwoは、今日の市場で唯一の証拠に基づいた実用的なマイクロバイオームプラットフォームです。

 私たちは、優れた科学、イスラエルと米国での臨床試験、数万人の顧客、そして提供者、雇用者、そして出資者との関係を含む経験を活用する特権的な立場にあります。」DayTwoのCEO兼創設者であるLihi Segal氏は、このように述べています。 「この充実した幅広い基盤とこの資金調達により、DayTwoは米国で2型糖尿病患者のための食品としての医薬品を市場に投入するという切迫した臨床的ニーズに対応することができます。」

 

さらに、DayTwoは糖尿病患者の60%以上が暮らすアジア太平洋地域の市場に参入するために潜在的な新しいパートナーとの提携を検討しています。

 

DayTwoの血糖コントロールソリューションは、腸プロファイリングやその他の臨床パラメータを使用し血糖コントロールを可能にする薬としてのソリューションを提供します。

 DayTwoのパーソナライズされたアプローチは、体がどのように食物を代謝するかについての実用的な洞察を提供し個々の血糖値のバランスをとるために選択する特定の食物と食事をナビゲートすることを可能とさせます。

DayTwoの血糖コントロールソリューションは、糖尿病前症に対する既存のプロトコールよりも効果的であり、主要な糖尿病医薬品よりも影響力があります。

 

「テクノロジーと機械学習が糖尿病患者に役立つことができるようになった今、私たちはヘルスケアの変革を遂げています」Ofek Venturesのマネージングパートナー、Yahal Zilka氏はこのように述べています

 「初めて市場で成功した後、私たちはDayTwoを米国に導入することに興奮しました。そこでは1億人を超える糖尿病と前糖尿病の人々の生活を改善する可能性があります。」

Zilka氏は、彼の投資実績がWaze、Argus、Onavo、DesignArt、Magisto(Googleに買収)、Continental、Facebook、Qualcomm、Vimeoなどであることを追加しました。

 

「DayTwoによるデジタルヘルスソリューションは迅速な治療、疾病予防、慢性疾患の管理などである」

Yair Schindel博士、M.B.A.、およびaMoon Fundのマネージングパートナーはこのように発言しました。

「代謝疾患の有害な影響を直接目撃した医師として私はDayTwoにより治療された何万人もの患者のポジティブな結果に励まされています。血糖コントロールソリューションを通じて精密医療にアクセスする同社の能力は、今日の糖尿病患者を助けることです。同社がアメリカに進出するのを目の当たりにすることができて私は幸運です。」

 

DayTwoの食品としての薬品アプローチは、Eran Segal博士およびEran Elinav博士Ph.D.によって行われた独自の研究に基づき2015年にCellジャーナルにて発表されました。Cellの論文は腸のマイクロバイオームを他の臨床的および個人的なパラメータと組み合わせることで、食事後のグルコース反応をうまくバランスさせることができる個別の食事介入を可能にする方法を示しました。

 

2015年に設立されたDayTwoは、イスラエルのテルアビブとサンフランシスコのベイエリアに75人の従業員を擁しています。同社は2019年第1四半期に何万もの個人顧客とDayTwoの臨床医ネットワーク内の何百ものプロバイダとで完成しました。DayTwoはまた世界第2位のHMO、Clalitと戦略的パートナーシップを結びました。これにより現在450万人のメンバーにDayTwo血糖コントロールソリューションを提供しています。

 

「私たちは、予防的ケアと慢性的な状態管理の両方においてパーソナライゼーションの可能性を最大限に引き出すためにDayTwoと提携しました。」

Clalitの栄養士Irit Poraz氏はで述べています。

 「薬としての食品の時代はここにあります。DayTwoは、唯一の証拠に基づいた実用的なマイクロバイオーム由来のソリューションを市場にもたらしたパイオニアです。この科学と行動可能性を企画のメンバーに利用できることを嬉しく思います。」

 

DayTwoは、ヴァイスマン科学研究所、イスラエル糖尿病協会、ジョスリン糖尿病センター、ジャンセンの製薬会社ジョンソン&ジョンソン、およびMayo Clinicを含む臨床機関パートナーと継続的な研究を続けています。

DayTwoはまたUCSFの栄養タフツスクール、およびヴァイスマン科学研究所のスペシャリストで構成された優秀な科学諮問委員会の助言にも依存しています。 DayTwoは、Cell、Cell Metabolism、Nature、JAMA、およびアメリカ臨床栄養学会誌で、彼らの科学、結果、および先駆的な医薬品としての提供品に基づいた論文を発表しています。

DayTwoの詳細についてはこちらをご覧ください。

www.daytwo.com

_____ 
DayTwoについて

 

DayTwoの個別化された栄養プロファイルは、独自の腸内微生物組成およびその他の臨床的パラメーターに基づき人間がさまざまな食品および食品の組み合わせにどのように反応するかを予測します。

 DayTwoの機械学習対応モデルは、スタンフォード大学でコンピュータサイエンスおよび遺伝学博士号取得のEran Segal教授とイスラエルのワイズマン科学研究所でM.D.、Ph.D.を取得の免疫学者であるEran Elinavよって行われた研究の技術に基づいています。

2015年に設立されたDayTwoは、aMoon、Ofek Ventures、Seventure Partners、Mayo Clinic、Johnson&Johnson、Marius Nachtから、これまでに4800万ドルを調達しました。 DayTwoは、イスラエルのテルアビブとサンフランシスコのベイエリアにオフィスを構えています。

 

DayTwoは、2型糖尿病や前糖尿病など、食事に関連した慢性疾患の人々が血糖のバランスをとるために役立つ、唯一の薬としての解決策です。マイクロバイオームにあるインテリジェンスのロックを解除することで、DayTwoは、同じ食品を異なる方法で処理する方法に対処し予測的および個別化された血糖反応を大幅に向上させることができます。

DayTwoの詳細についてはこちらをご覧ください。https://www.daytwo.com/

f:id:microjob:20190704071845j:plain

Trust your guts

 https://plaza.rakuten.co.jp/1news/diary/201907020000/